Balade dans l'Art Roman en France

ホーム ACCUEIL
Eglise Saint-Pierre d'Aulnay-de-Saintonge

私がフランスの地方を旅する中で出会った、ロマネスクの世界を紹介します。
宗教美術だから、と肩肘張ることなく、1000年の時を超えて私達の心に語りかけてくる職人達の息遣いを感じて下さい。

フランス・ロマネスク散策

Balade dans l'Art Roman en France

ロマネスク美術は宗教美術であり、キリスト教や教会堂とは切り離せないもの。
そう耳にすると堅苦しく感じるかもしれませんが、ロマネスクの世界はとにかくポップでキッチュ。
その魅力はなんといっても、溢れる生命力、圧倒的な躍動感。
特別な知識がなくても、無条件に私達の強張った顔の表情を和らげ、肩の緊張を解きほぐし、頑なになった心をそっと温めてくれます。

そして厚い壁で囲まれた暗いロマネスクの教会堂は、真の静寂と出会えるところ。
その「神の家」に身を置けば、たとえ信仰がなくても、思わず背筋は伸びるでしょう。安堵を覚えるかもしれません、自己と対峙してしまうかもしれません。

このサイトがあなたにとって、更なるフランスの魅力との出会い、フランスへ旅に出る次のきっかけとなったら、幸いです。

Cathedrale Saint-Lazare d'Autun

■探す Chercher

◆地域から探す par région    → 「フランスの地方 Régions françaises



→「ブルゴーニュ・フランシュ・コンテ  Bourgogne-Franche-Comté  BFC



→「ヌーヴェル・アキテーヌ  Nouvelle Aquitaine  NAQ



→「オクシタニー  Occitanie  OCC



→「オーヴェルニュ・ローヌ・アルプ  Auvergne-Rhône-Alpes  ARA



→「プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール  Provence-Alpes-Côte-d'Azur  PACA



→「イル・ド・フランス  Ile-de-France  IDF

◆掲載教会堂・ミュージアムのリストから探す dans la liste des églises et musées    → 「サイト掲載一覧 Liste

■更新情報 Nouveautés

♦2022.01.17 シュルジェール Surgères」 のページを更新しました。
Eglise Notre-Dame de Surgeres


Renouvellement de la page "Surgères"


シュルジェールのエグリーズ・ノートル・ダム Eglise Notre-Dame de Surgères を紹介しています。この教会堂の見どころは、西ファサードと後陣の彫刻装飾にあります。格別に荘厳なタンパン彫刻などはないのですが、彫刻されたモディロンやメトープ、柱頭の数とヴァラエティ、保存状態は圧巻で、後日写真等を眺める時、こんなものもあったのかと、暫くは新たな発見が続くことでしょう。
教会堂とシャトーの遺跡を巡った後は、大西洋岸で最も美しい港町とされるラ・ロシェル La Rochelle や、沖合にあるバカンス地として有名なイル・ド・レ(レ島) Ile-de-Ré に足を伸ばすのもよさそうです。



♦2021.12.19 パリ Paris 3」 のページを追加しました。
Musee du Louvre


Ajout de la nouvelle page "Paris 3"


恐らくフランスを訪れる人は誰もが知り、うち大半の人は実際訪れたことがあるであろうミュゼ・デュ・ルーヴル Musée du Louvre の、フランスのロマネスク期と初期ゴシック(又はその間の過渡期)の彫刻類をピックアップしました。
展示は僅か3室ですが、ゴシック期の彫刻に、中世のその他のオブジェ等も、と進んでいくと、続々と魅せられてしまい、あっという間に午後の時間まるまる過ぎてしまいます。



♦2021.11.21 アルビ Albi」 のページを更新しました。


Renouvellement de la page "Albi"


アルビのコレジアル・サン・サルヴィ Collégiale Saint-Salvi d'Albi を紹介しています。恥ずかしながらかなり混沌としていたページが、随分と整理できたと思います。
アルビといえば、必ずやカタリ派の興亡が思い起こされることと思いますが、これは皆さんの個々の感傷にお任せします。図書館の中世世界地図も必見です。
今日街を歩くと、特産のパステル Pastel (大青/タイセイ)をフィーチャーした製品を扱う店が多く目につきます。元来染料として利用されていたため、衣料雑貨は当然ですが、近年はコスメ製品も多く、個人的感想ですが、リップバームやハンドクリーム、オイルは秀逸でした。女性のみならず男性も是非。

・・・Ajouts précédents・・・
le 25 oct
♦le 30 sept
♦le 04 sept
♦le 15 août
Eglise Saint-Pierre-et-Saint-Benoit de Perrecy-les-Forges
Collegiale Saint-Victor-et-Sainte-Couronne d'Ennezat
Eglise Saint-Pierre d'Aulnay de Saintonge
ペレシー・レ・フォルジュPerrecy-les-Forges オネー・ド・サントンジュ Aulnay-de-Saintonge
エグリーズ・サン・マルタン EgliseSaint-Martin de  Chapaize エグリーズ・サン・ピエール・エ・サン・ブノワ Eglise Saint-Pierre-et-Saint-Benoît de Perrecy-les-Forges コレジアル・サン・ヴィクトール・エ・サント・クーロンヌ Collégiale Saint-Victor-et-Sainte-Couronne d'Ennezat エグリーズ・サン・ピエール EgliseSaint-Pierre d'Aulnay-de-Saintonge

Abbaye Saint-Pierre de Moissac